こいぬすてっぷは獣医師監修のもと、愛犬の成長に合わせて毎月育て方本と愛犬に合ったグッズをお届け。
 開始2年で累計2万頭の子犬が利用した実績もり、子犬を飼いだして、
 良いものをきちんとあげたい・体験させたいと考えている方にも安心してお使いいただけます。

 

・獣医師が完全監修。愛犬のための通信教育。

 

・開始2年で累計2万頭の子犬が利用

 

>> 子犬育ての決定版!獣医師監修【こいぬすてっぷ】

 

・愛犬との生活で特大切な1歳までの期間、
 その時期に合わせた必要なトレーニングが載った育て方本とグッズを愛犬に合わせてカスタマイズして、
 愛犬の誕生日に合わせて毎月お届け

 

・育て方本は日本で8人しかいない獣医行動診療科認定医の荒田先生が監修のオリジナル。
 お届けするグッズも東大卒獣医師が厳選。安心・安全のサービス

 

・初めて子犬を飼う方で、何でしつけをすれば、何を買えばいいのか悩んでいる方
・久しぶりに子犬を飼うので復習に使いたい方
・子犬の成長を目に見える形でお祝いしたい方

 

・しつけ相談にものります

 

>> 初めて犬を飼う方お勧め獣医監修【こいぬすてっぷ】

やたらと犬が噛むのはしつけが不完全であるからです…。

基本的には主人との上下関係を柴犬は敏感に感じるそうです。柴犬に接する時は躊躇をしたり、先を越されたりなどしないように心がけ、柴犬のしつけについては気長にするようにしましょう。

やたらと犬が噛むのはしつけが不完全であるからです。適切なしつけ法をやっていないと考えられます。ネットに載ってっているようなしつけ方法の中にも、勘違いされている部分が一杯あるらしいです。

もしも、昂ぶって噛む犬をしつけるようなときは、感情を抑えて、声を低めて少しずつ向き合うことが大事なんです。声を荒げてしつけを実行しても、効果なしじゃないかと考えます。

お散歩の最中でも、愛犬のしつけ訓練はできます。交差点などでは、「おすわり」とか「待て」の指図を練習できますし、歩いている途中に停止し、「待て」の指図をしてもいいと思います。

まず、犬にしてみると、「噛む」という行為は信頼している証拠で、永久歯に入れ替わる頃に甘噛みなどしますが、そんな子犬の頃に丁寧にしつけられないと、噛み癖が後に残ってしまうので気をつけましょう。


小さくてかわいらしいトイプードルを飼ってみたいなんて考えている方は大勢いるでしょう。可愛い犬でも、しつけや訓練もきっかりとやっておかないといけないでしょう。

人とチワワとが共に生活する、そのためにこそ、社会性というものを習得しないと駄目だと思います。なので、小さな子犬の時からしつけ始めなければならないのではないでしょうか。

散歩に出た時の犬の拾い食いをした時の愛犬のしつけは、犬に何か言うことをしがちですが、そうではなくオーナーがペットの犬に対して毅然とリードコントロールするべきです。

トイプードルを甘やかしてしまうと、トイプードルは相手よりも上の立場にいると思いこんで、遠慮なく噛みついてしまうとも聞きます。なので、トイプードルの噛み癖については、ちゃんとしつけをしなければならないと思います。

賢い犬種のトイプードルについては育て方にはそれほど大した問題はないのではないでしょうか。子犬のトイレ訓練、基本的なしつけも、問題なく体得すると考えます。


中には、噛む犬をしつけたくても、噛まれそうで無理、というようなケースがあったり、または、感情的になってしまったり慌てて、愛犬を叩いたこともあるのでは?

トイレをしつける行為は犬を飼う初日であっても開始することもできるでしょう。なんなら今すぐトイレのしつけトレーニングの用意といったものをするべきでしょう。

全般的に黒い毛のトイプードル犬に関しては、中でも一番頭が良いとみられています。なのでしつけもすぐに覚える状況にあるのではないでしょうか。

通常、柴犬は賢くて、更にその上辛抱強さが特徴の犬と考えられています。トイレをしつけるようなときも覚えが早く、習得したら、大抵の場合、し損なうことはないかもしれません。

子犬のうちに引き取って飼い始めていたというのにもかかわらず、ラブラドールのしつけに失敗したという人は、「2度と失敗はしない」と決意して、きちんと励んでください。